シミトリーで美肌ケアをしたいけれどデリケートな妊娠中や授乳中の使用はなんだか心配…と副作用などを気にしている方も多いのではないでしょうか?

でもご安心を!シミトリーは、妊娠中や授乳中でも安心して使用することができるんです。

そこで今回は、妊娠中・授乳中のシミトリー使用について詳しくご紹介します。

シミトリーは妊娠中・授乳中でも使える美白化粧品

シミトリーは妊娠中・授乳中でも使える美白化粧品

シミトリーは、こだわりの無添加で製造されており、お肌に刺激をあたえる成分が含まれていないのが特徴です。

敏感肌の方でもストレスなく使用できるよう、パラベン・アルコール・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・シリコーンすべてフリーでつくられているんです。

ですのでデリケートな妊娠中や授乳中の女性の方でも安心して使用することができます。

シミトリーそのものに副作用もないので、赤ちゃんに影響を及ぼすといったような問題もありません。

しかし、妊娠期は女性にとって特にデリケートで敏感な時期でもありますので、もしも心配な場合は一度主治医の先生に相談するようにしましょう。

また使用してみた際に少しでも異常を感じた場合は、使用を中止するようにしてください。

シミトリーは安全な化粧品ではありますが、妊娠中・授乳中などの大切な時期にはいつも以上にご自分の肌に気を配るようにしてくださいね。

シミトリーだけに頼らない!妊娠中のシミ対策

シミトリーさえ使っていれば大丈夫!と安心しきっていませんか?

いえいえ、本気でシミ予防をしたいのならご自分でも対策しておくことが大切なんです。

妊娠中は、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンというホルモンが増加します。

このプロゲステロンには、シミの原因となるメラニンサイトの働きを活性化させる働きがあるので、妊娠中は、シミができやすい肌環境になっているというわけなんです。

ここでできてしまったシミは、産後少しずつ薄くなるともいわれていますが、なるべくならシミをつくらないようにしておきたいですよね!

最後にここでは、そんな妊娠中にできるシミ対策をご紹介します。

万全の紫外線対策

シミトリーではお肌の内部からシミ対策をすることができますが、紫外線対策をすることはできません。

妊娠中は、メラニンを生成しやすいので少しでも紫外線を浴びるとシミができやすい状態になっています。

ですのでおでかけの際の紫外線対策は必須!

日傘や帽子、日焼けどめクリームでしっかりと紫外線対策をしておでかけしましょう。

妊娠中の日焼け止めクリームは、新しく使うものではなくなるべく以前から使用していたものを塗るようにすると安心です。

新しい日焼け止めクリームをデリケートな妊娠中に使用するのは、肌に合わない可能性もあるのであまりおすすめできません。

ですので普段から安心して使用しているクリームを塗るようにしてくださいね。

また、サングラスで紫外線から目を守るのもとても大切です。

紫外線は、目から吸収されやすく目から入った紫外線がもとでメラニンを生成してしまうのだとか。

特に日差しの強い夏場はもちろん、日がよく照っている日にはサングラスの着用もお忘れなく。

ビタミン類の摂取

シミトリーには、シミ・そばかす改善に効くビタミンC誘導体が配合されています。このことからもわかるようにビタミンは美肌づくりには必要不可欠な栄養です。

ビタミンという栄養素は、自分でも摂取することができるもの。

普段の食事で積極的にビタミン類の摂取を意識して内側からもシミ対策をしておきましょう。

特にビタミンC・A・Eは美肌づくりに効果的とされています。旬の果物や豚肉、おやつにはナッツ類を食べるのがビタミン摂取におすすめです。

規則正しい生活リズム

シミトリーの効果を存分に得るためにも規則正しい生活リズムを心掛けることが大切です。

妊娠中は、特にホルモンバランスが崩れやすいもの。少しでもホルモンの状態を安定させるためにも正しい食生活と睡眠を意識しておく必要があります。

乱れた生活リズムは、ストレスの元ともなり肌にも心にも健康にも何ひとつ良いことはありません。

特に大切な睡眠は、その日の体や肌を生まれ変わらせるための貴重な時間です。

睡眠時間をたっぷりととることでお肌のターンオーバーも促進されシミトリーの効果もアップ!シミ予防にもつながります。

そしてすべての基本は、規則正しい生活リズムにあります。

シミトリーの効果もここで紹介したすべての対策も規則正しい生活リズムのうえで成り立つことを覚えていてくださいね。

⇒ シミトリーを実際に使ってみた感想はこちら