シミトリーの使い方をあえて確認したことはありますか?

何しろオールインワンジェルなので、とくに難しい使用方法ではなさそう。基本的にはそれで良いのですが、せっかくいい化粧品を使用するならより効果的な方法を知っておきたいですよね。

シミトリーの使い方と、効果をアップさせる使い方をまとめてみました。

シミトリーの基本的な使い方

シミトリーの基本的な使い方

シミトリーの基本的な使い方をまずはピックアップします。

【1】お肌の汚れを丁寧に落とす

まずは洗顔で、メイクや皮脂などのお顔の汚れをクリアにします。
洗顔をする際には優しく、力は込めずに石鹸の泡のみでクルクルと洗いましょう。

シミトリーといえば「美白」ですが、ゴシゴシとこするように洗ってしまっては、お肌が摩擦によって色素沈着を起こし、「美白」から遠ざかってしまいます。

メイクをクレンジングで先に落とす場合も、優しく丁寧に!がポイントです。

【2】温めてから適量を全体的に塗る

シミトリーを塗ります。この際は、適量を手のひらで包むようにして、体温で自然に温めると良いでしょう。そうすることによって、肌馴染みが良くなります。

シミトリーは防腐剤を使用していないので、私の場合は冷蔵庫に保管しています。

とくに今からの時期ですと、冷暗所や冷蔵庫で保管していたらジェルが冷たくなっていると思うので、人肌に温める、このひと手間が大事です。

また、ジェルを取るときは雑菌が入らないようにヘラを使用するのが良いでしょう。

【3】ゆっくりとなじませる

お顔全体に塗れたら、あとは手のひら全部を使って頬を軽く押さえます。この際に、優しい力で目の周りなどをマッサージしてあげるのも良いですね。

美容成分がしっかり奥まで浸透していくのをイメージしながら馴染ませましょう。

シミトリーの効果をアップさせる使い方

シミトリーの使い方はいたってシンプルなところも魅力のひとつですが、さらに時期によっては効果的な+a(プラスアルファ)があります。

それは、最後に「乳液」でフタをすることや、シミトリーを塗る前に「化粧水」で保湿するなど、お手持ちの化粧品をプラスするということです。

お肌の調子は季節や生活習慣で変化するので、全体的に乾燥が気になるときもあれば皮脂がたくさん出てしまう、一部分だけ皮脂が出る混合肌になってしまった、など色々なトラブルや悩みがありますよね。

ずっと年間を通して同じスキンケアではなく、その時期に合った方法を見つける必要があります。

シミトリーは保湿に関して優秀ですが、「いつもならもっと潤うのに・・・」と感じたならば、その感覚は間違ってはいないはずなので、お手持ちの化粧品で一時的に足りない部分を補ってあげると効果的でしょう。

シミトリーの使い方まとめ

シミトリーの使い方を基本からプラスアルファまでまとめました。

なによりも、効果が出るスピードやタイミングは人によってさまざまですが、毎日のケアをなるべく楽しむ気持ちで、丁寧に行っていればお肌はきれいになります!

大事なのは継続すること。

例えばニキビを医療機関で処方される薬で治すことが目的なら即効性重視ですが、シミなどを薄くし透明感のあるお肌になるには、それなりに時間がかかるものです。

シミトリーの使い方を今一度意識してみて、少しでも早く、長く実感できたらと思います。

シミトリーの口コミ詳細を確認してみる